首イボにレーザーは充てられるのか?

首イボの除去の方法として、最も高価なものが炭酸ガスレーザーでの除去です。
こちらは、皮膚科または美容外科で行ってもらうことが出来るのですが、多くの場合保険が適用されません。
保険が適用されない分、ハサミや液体窒素とは違い、費用が跳ね上がります。

しかし、キレイに治るというメリットからレーザーを選ぶ方も少なくないようです。
これから、詳細なご紹介をしていきましょう。

◆レーザー除去は時間はかからないが費用がかかる◆
レーザー除去は痛みを伴いません。
しかも時間もかからないのです。
それでいて出血も少なく済む・・・というようにレーザー除去にはメリットがいっぱいあります。

ところが、一つ挙げるとすれば、費用がかかるんです。
イボの数にもよりますが、冒頭でもお話しした通り、保険が適用されないため、費用は他の除去方法よりもだいぶ跳ね上がります。

◆炭酸ガスレーザー除去方法◆
炭酸ガスレーザーでの除去方法は、レーザーでイボをくり抜くといったものになります。
局所麻酔を行ってくれますので、痛みは伴いません。
くり抜くのに出血が少ないってすごいですよね。
出血がない分、お肌やイボへの負担が最小限で済みます。

処置後は、抗生物質の塗り薬を塗られ、絆創膏やガーゼをして終わりになります。

再発の可能性はほとんどありませんが、万が一があるので、再発かな?と思ったら、再度受診してみましょう。

取れるイボの大きさはだいたい3mmほどの大きさになります。

◆気になる費用◆
費用ですが、こちらはイボの数や大きさにもよります。
だいたい5,000~30,000円と見積もっておけばほぼ間違いありません。

保険が適用されないだけで、ここまで費用が変わってくると、どうしても悩んでしまいますよね。

◆何度も通院しなければいけないのか◆
通院に関しては、何度かしなければいけませんが、鬼のように通院する必要はありません。
恐らく、その日のうちに予約などを取ることが出来るかと思います。

1度通院をしてみて、特に問題なく快方に向かっているようであれば、自宅でセルフケアに突入となります。

ただし、あまりにもイボの範囲が広すぎる場合は、数回に分けて除去作業を行うかもしれません。

◆他に知っておくこと◆
自宅でのセルフケアといっても、何をしたらいいのか分からない方も多いのではないでしょうか?
では、お尋ねしますが、皆さんは日ごろから日焼け止めを首回りに塗っていますでしょうか?
これが出来ていない場合は、もろに紫外線ダメージを受けているため、首イボが再発してしまう恐れがあります。

まずは、紫外線ダメージからお肌を守ること、そして刺激を与えるような洋服を選ばないことなどが大切です。

ネックレスなどの装飾品なども原因の一つとなりかねませんので、汗をかくこの季節には特に注意が必要です。

また、レーザーでの首イボ除去はお肌がへこみ、赤みが出たりすることがありますが、これらは自然に治っていきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする