ハサミで首イボを除去するなら皮膚科へ行こう

首イボの除去でお悩みの方は、何でお悩みなのでしょうか?
恐らく、除去方法でお悩みなのではないでしょうか。
リーズナブルに行いたい、けれど痛いのは嫌だ・・・そういった葛藤が繰り広げられていることと思います。

ここでは、首イボをハサミで除去する方法をご紹介していきたいと思います。

◆ハサミで除去するなら自分ではNG◆
当たり前ですが、ハサミと聞いて自分で除去してしまうのは絶対にいけません。
化膿してしまっても大変ですし、雑菌などが入り込むとイボどころでは済まなくなってしまいます。
そのため、ハサミで除去すると決めた場合は必ず皮膚科へ行くようにしましょう。

◆皮膚科で行うハサミでの除去方法◆
皮膚科でするハサミでの除去方法は、いたって簡単です。
局所麻酔を行い、ハサミでチョキっとするだけです。
麻酔がありますし、痛みはほとんど伴いません。
除去した後は、化膿したら困りますので、化膿止のお薬を塗ってもらい、絆創膏やガーゼをしてもらうだけです。

◆気になる費用◆
ハサミでの除去方法のメリットは、なんといっても保険が適用されることです。
保険が適用されれば、イボ一つにつき400~500円ほどですので、数などにもよりますが、だいたい5,000~8,000円で行うことが出来ます。

◆何度も通院しなければいけないのか◆
まずは初診があります。
初診ではイボの状態を確認し、ハサミでの除去方法の説明や費用の説明などが先生からあります。
初診を行ったその日のうちに除去することができる皮膚科もあるようです。

その日のうちに除去することが出来ない場合は、ここで予約を取ります。
予約をしたら、その予約日に除去を行います。

除去をすれば、基本的にはお薬を処方されて終わりになります。
あとは再発でもしない限り皮膚科へ通うことはありません。

ただ、再発してしまった場合は、別の角度からイボを診なければいけない可能性も出てきますので、不安な方は再診した方がいいかもしれません。

一つ言えるとすれば、除去した後も今まで通りの生活を行うと再発する可能性もあります。
なぜ首イボが出来てしまったのか、それを改善するためには、再発を防ぐためにはどうしたらいいのか?という点に日頃から気を配ると、再発の可能性も低くなります。

◆他に知っておくこと◆
稀に痛みを伴う方がいらっしゃるようですが、それよりも多いのは痒みです。
傷はかさぶたが出来ると痒みが出ることってありますよね?
これと同じで、ハサミで除去した後は痒みが出ることがある場合があるようです。

しかし、それをかいてしまっては治りが遅くなってしまったり、跡が残ってしまったりしますので、決してかかないようにしてください。

また、ハサミで除去できるイボは直径が5mm以内のものであり、突起のあるものでなければいけません。
平面のイボだとハサミでの除去は行ってもらえませんので、自分のイボがどのような除去方法ができるのか?という点をよくお医者さんと相談しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする